友人の車を運転して事故した!

友人の車を運転中、事故を起こしてしまったとします。

その友人の車が破損したら、自分はどのような保険で対応できるのでしょうか。

そのような場合、自分が保険に自動的についている「他車運転危険担保特約」で通常、賠償保険は支払われます。

自分と車の所有者である友人がどのような保険に入っているかによって、誰の保険から支払われるかなどパターンが異なります。

自分も友人も保険に加入していないときでしたら、 友人の自賠責のみの支払いがあることになり、自賠責保険で足りない部分は当事者の話し合いでどのようにするか決めなくてはなりません。

できれば友人の車両が加入している保険を使わないですむように、優先払特約付というオプションをつけておいたほうが安心です。

  自分の保険 友人の車の保険 結 果
1 ×
保険に入っていない。
×
保険に入っていない。又は保険に入っているが、年齢など支払条件が合わない。 友人の自賠責のみの支払い。
他人を負傷させた場合、自賠責保険で足りない部分は当事者で話合いの上、負担。他人のものに損害を与えた場合も同様。車両の修理代も当事者で負担。
2
保険に入っている。
×
保険に入っていない。又は保険に入っているが、年齢など支払条件が合わない。
友人の自賠責から支払い、不足分があれば自分の保険の「他車運転危険担保特約」から支払い。クルマの修理費は自分で弁償。
3
保険に入っている。

保険に入っている。
友人の保険から他人に対する賠償責任部分を支払い。車両保険に入っていれば修理代は出るが、入っていなければ当事者で負担。
4
保険に入っている。
(優先払特約付)

保険に入っている。
他人に対する賠償責任部分は自分の保険から支払い。条件によっては友人の車両の修理代も自分の保険でまかなうことも出来る。(*2)

(*1)自分自身が保険に入っていなくても、自分を被保険者とする保険契約(例えば父親の契約)があれば、その契約から支払われます。
(*2)保険会社によって補償内容が違う場合がありますのでご確認ください。


クリック
あなたの車のメーカーは?
矢印2

※お手元に車検証・保険証券・免許証をご用意ください。
(現在加入していない方は保険証券の替わりに車検証をご用意ください。
↓一括見積もりできる19社↓
自動車保険 17社