高額賠償ランキング(物損)

交通事故の際の被害額。特に物に関してはいくらくらいなのか、非常に気になりますよね。過去にどれだけの高額被害があったのか、公にされているものを見てみますと、一位は被害額がなんと2億6135万。

損害物件が積荷(呉服・洋服・毛皮)でした。毛皮などは確かに一般的に考えましても高額の品物ですから、それらが山積みされたいたとすると2億円という金額もありえますよね。

他にも1億円以上の損害物件として、電車があります。

電車は停まったしまったら、利用者をはじめ多くの方に迷惑をかけてしまうもの。高額な被害額であるということは納得できます。

大型貨物車や観光バス、ベンツなど1000万円を超える被害額がでています。

これらを踏まえて安全運転、心がけたいものですね。


クリック
あなたの車のメーカーは?
矢印2

※お手元に車検証・保険証券・免許証をご用意ください。
(現在加入していない方は保険証券の替わりに車検証をご用意ください。
↓一括見積もりできる19社↓
自動車保険 17社
自動車保険・高額賠償ランキング(物損)
交通事故があったときの物の被害額は実際どれくらいになるのでしょうか?
相手のクルマが全損になったとして数百万程度?なかには、たいへん高額な賠償例もあります。高額賠償(物損)の判例についてご紹介します。

順位 損害額 損害物件 裁判所 判決日
1
2億6,135万
積荷(呉服・洋服・毛皮) 神戸地裁 1994.7.19
2
1億2,036万
電車・線路・家屋 福岡地裁 1980.7.18
3
1億1,347万
電車 千葉地裁 1998.10.26
4
2,796万
大型貨物車3台・積荷 高松地裁 1997.8.14
5
2,629万
観光バス 名古屋地裁 1994.9.16
6
2,389万
トレーラー・積荷 名古屋地裁 1992.10.28
7
2,082万
観光バス 東京地裁 1995.11.14
8
1,698万
大型貨物車・積荷 大阪地裁 1997.4.25
9
1,673万
大型貨物車・積荷 広島地裁 1997.9.17
10
1,651万
美容室兼住宅 横浜地裁 1994.5.24
11
1,582万
観光バス 札幌地裁 1996.11.27
12
1,545万
大型貨物車 大阪地裁 1994.11.17
13
1,447万
乗用車・店舗・商品 東京地裁 1999.2.5
14
1,433万
大型貨物車・積荷 大阪地裁 1988.3.17
15
1,396万
タンクローリー 東京地裁 1997.3.25
16
1,272万
特殊撮影車 東京地裁 1987.8.27
17
1,200万
ベンツ 名古屋地裁 1997.6.27
18
1,182万
清掃車 名古屋地裁 1980.1.30
19
1,175万
乗用車 大阪地裁 1997.11.10
20
1,165万
大型貨物車 仙台地裁 1996.1.26

(社団法人日本損害保険協会 「ファクトブック2001 日本の損害保険」参照)