保険料を安くしたい

1-1.誰が運転するのかを考える

ご存じの方も多い基礎知識かもしれませんが、念のため確認のためにもう一度。 自動車保険の保険料は、ドライバーを限定すればするほどお安くなります。

詳しくはこちら

1-2.安全な車に乗ろう

安全な車に乗ることで、必然的に事故に合う可能性が少なくなるため、自動車保険の保険料がお安くなります。
ここでいう「安全な車」というのは、エアバッグなどの安全装置がついているもの。最近では標準装備も珍しくなりましたが、古い年代の車や、激安で購入できるような車の場合は、安全装置がついていないケースも見られます。

詳しくはこちら

1-3.2台目から安くなるの

ライフスタイルがさまざまになりますと、車の好みもさまざまとなって「2台車を愛用しています」というご家庭もあるでしょう。
そういったご家族には、2台目から自動車保険料がお安くなるという「セカンドカー(複数所有自動車)割引」をオプションとして申し込むとお得でしょう。

詳しくはこちら

1-4.安全運転を心がけよう

自動車を運転している方は、当然ですが安全運転を心がけていますよね。
もちろん保険料がお安くなるという点からも、安全運転は絶対に守っていただきたいことです。

詳しくはこちら

1-5.加入方法を工夫する

年額で見ますと、決してお安いとはいえないのが自動車保険の保険料ではないでしょうか。
そうなれば「少しでも節約したい」と思うのは当たり前。

詳しくはこちら

クリック
あなたの車のメーカーは?
矢印2

※お手元に車検証・保険証券・免許証をご用意ください。
(現在加入していない方は保険証券の替わりに車検証をご用意ください。
↓一括見積もりできる19社↓
自動車保険 17社